Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット比較 福岡賃貸

【漫画】

【漫画】漫画「けいおん!」大学生編最新話は合宿。そして温泉で裸体!

1 :つゆだくラーメンφ ★:2012/02/10(金) 18:19:23.39 ID:???
かきふらいさんの漫画「けいおん!」は、メインの4人による大学生編がまんがタイムきららで連載中。 
また、新3年生の後輩組(中野梓、平沢憂、鈴木純)がメインの「けいおん!」がまんがタイムきららキャラットで連載されている。 

まんがタイムきらら3月号が発売となり、「けいおん!」大学生編最新話などのレビュー記事が以下のサイトに掲載されている。 
合宿へ行く話が描かれ、温泉に入るシーンも出てくる。 

なお3月号には100号記念で、100ページの特別付録小冊子「まんがタイムきららいちまるまる」が付属している。 

http://www.new-akiba.com/archives/2012/02/post_26587.html

a017



続きを読む

【漫画】「ブラック・ジャック」新作が今秋以降掲載予定 エピソードは医療関係者から公募

1 :あやめφ ★:2012/02/09(木) 13:56:00.11 ID:???
実際に起きた医療体験をもとに、手塚治虫「ブラック・ジャック」の新エピソードが制作されることが、
本日2月9日発売の週刊少年チャンピオン11号で発表された。

今号では全国の医療関係者を対象に、実際に体験した命に関わる感動的なエピソードを募集。
手塚プロダクションと同誌編集部が共同で審査し、選ばれた体験談がマンガ化される。
掲載は秋以降となる予定だ。誌面では手塚プロダクションの代表取締役社長・松谷孝征が
「心があたたかくなる、どうしても子どもたちに伝えたい、あなたのすてきな体験を『ブラック・ジャック』が
伝えます」とコメントし、エピソードを募っている。

賞金総額は100万円で、複数の優秀作に賞金10万円を進呈。さらに採用者には特典として、
作中でブラック・ジャックと共演できる権利が与えられる。マンガ作品は週刊少年チャンピオン
だけでなく増刊誌にも掲載され、後に単行本化もされるとのこと。奇しくも手塚の命日に
発表されたこの企画、奇跡の体験を持つ医療関係者はぜひ応募してみよう。

コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/64176
ブラック・ジャック原案使用 感動の医療体験談募集!
http://tezukaosamu.net/jp/news/n_862.html



【漫画】「ブラック・ジャック」新作が今秋以降掲載予定 エピソードは医療関係者から公募

【漫画】「バガボンド」連載再開 「【業務連絡】何事もなかったように来月あたりバガボンド再開します。今カラー中」

1 :ナオφ ★:2012/02/08(水) 14:09:29.43 ID:???
 漫画家の井上雄彦さんが本日、自身のツイッター(@inouetake)で長らく休載していた漫画連載「バガボンド」を来月あたりから再開することを報告している。

 2月8日12時58分に「【業務連絡】何事もなかったように来月あたりバガボンド再開します。今カラー中」とポストした。

 井上さんは公式サイトにも昨年11月に、

「長いこと連載をストップしていたバガボンドですが、少し前から、再開へ向けてネームの構想をはじめています。
 どのような形で再開するのがいいか、編集部とも話し合いながら今の自分にできる範囲で最善のかたちを模索してます。
 いつ、どの号から再開とアナウンスできる時が来たらすぐにお知らせします。
 そういうもんだと理解くださり、待っていただいている皆様、ありがとうございます」

とコメントを残しており、ようやく再開の目途が立ったことをアナウンスしたものと思われる。

 バガボンドは、1998年から週刊「モーニング」で連載が開始された吉川英治の小説「宮本武蔵」を原作にした青年漫画で、現在単行本が33巻まで刊行されている。
国内累計発行部数は6000万部を突破。
過去、1年間の長期休載を経て2005年5月より連載を再開したこともあったが、2010年12月から再び長期休載に入っていた。


ねとらぼ(2012年02月08日 13時32分)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1202/08/news060.html



【漫画】「バガボンド」連載再開 「【業務連絡】何事もなかったように来月あたりバガボンド再開します。今カラー中」

【漫画】「魔法先生ネギま!」、マガジン3月14日発売号で連載終了

1 :あやめφ ★:2012/02/08(水) 00:36:10.87 ID:???
赤松健さんのマンガ「魔法先生ネギま!」が、3月14日発売の「週刊少年マガジン」15号で
完結することが、8日発売の同誌10号で明らかになった。11、12号は休載するため、
残り3話で03年の連載開始から355話、約9年の歴史に幕を閉じることになる。

「魔法先生ネギま!」は、03年から同誌で連載された赤松健さんのマンガで、魔法学校を卒業した
天才少年のネギが、自分より年上の少女たちの教師になり、成長していく姿を描くラブコメディー。
コミックス1~36巻の累計発行部数は2000万部弱で、05、06年にテレビ東京などでアニメ化も
されたほか、11年には劇場版アニメ「劇場版魔法先生ネギま!ANIME FINAL」が公開された。

352話が掲載されたマガジン10号では、ページの欄外で「マガジン11号、12号は作者取材のため、
休載します」と説明しており、「百年の年月を決して無駄になんてしない!!『ネギま!』完結まで
あと3話!!」と告知されている。

MANTANWEB
http://mantan-web.jp/2012/02/08/20120207dog00m200052000c.html




【漫画】「魔法先生ネギま!」、マガジン3月14日発売号で連載終了
月別アーカイブ
記事検索
相互リンク・RSS募集しております。
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ