1 :コロッケそばφ ★:2012/02/03(金) 19:31:37.61 ID:???
高校、大学生らの間で「軽音楽」への関心が高まっている。
岡山市の楽器店では昨年から初心者向けギターやベースを買う
若者が目立つようになったといい、ポップスなどの楽譜集の
特設コーナーを設けている書店もある。
背景には軽音楽部の女子高校生を主人公にした
人気アニメの影響があるようだ。

岡山市北区中山下の島村楽器岡山ロッツ店。
川副慎吾店長は「昨年12月ごろから新しくバンドを始めたいと、
ギターやベースを購入する若者が増えた。前年の同じ月と比べると
売り上げは3割ほど伸びている」と話す。初心者に人気なのは
1万―3万円代の比較的求めやすい価格帯。年明けには
お年玉を持って買いに来る高校生くらいの姿も目立ったという。

啓文社岡山本店(同下中野)は昨年末から、楽譜を並べている
棚の近くに、約25種類の楽譜集を平積みにした特設コーナーを設置。
ポップスやアニメソング、女性ボーカルのバンド曲に特化したものまで
多彩に取りそろえる。

売り場担当の中西倫子さんは「特設コーナーで興味を持ち、
ギターやベース、ドラムなどの教則本を探して買っていく若者が多い」
と話す。

盛り上がりの背景に挙げられるアニメは「けいおん!」。
芳文社の月刊誌「まんがタイムきらら」で連載中の漫画で、
コミックスは現在4巻まで発売されている。
県内で2010年4―10月と昨年10―12月の
深夜時間帯でテレビ放送され、昨年12月に映画が公開された。

川副店長は「以前は人気バンドの影響で楽器を始める人が増えたが、
今回はアニメが大きなきっかけになっている」と説明する。


山陽新聞
http://town.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/2012020311073093



【コラム】若者が「けいおん!」をきっかけに軽音楽へ ギター、ベース購入増